奄美らいふ -- 南の国から --

奄美でのセカンドライフ   南の島での暮らし

自然・観光

セカンドライフを南の島でと、奄美に小さな家を建てました。 
出来上がるまでの顛末と、その後の日常生活を、つづります。

福岡から奄美へ

2017年1月3日
 福岡空港から奄美空港へ。九州上空の景色。阿蘇や桜島、開聞岳などが見える。
03_03
03_04
03_05
03_06
03_09
03_00
03_07
03_08

和白干潟

2017年1月3日
 福岡で泊まったホテルが、JR香椎線・西鉄貝塚線の和白にあった。ホテルのロビーに和白干潟のパンフレットがあったので、朝食前に見に行った。和白の駅からすぐ博多湾の和白干潟へ出ることができた。現在、近くで人工島の埋め立てが進んでいて、約80haある干潟への影響が出ているとの事。守っていきたい自然だと思う。
03_01
03_02

吉野ヶ里遺跡にて

2017年1月2日
 今回の目的の一つ、吉野ヶ里遺跡へ。JR吉野ヶ里公園駅から吉野ヶ里歴史公園まで15分ほど歩く。園内に入ると、ボランティアガイドの方がいて約1時間半案内していただく。おかげで、広大な公園のメイン部分を説明を受けながら、効率よく回ることができた。展示室には、奄美から交易で渡ったと思われる貝殻の装飾品の遺物が展示されていた。奄美にも遺跡が結構あって、この時代の人が行き来していたのかと思いをはせる。
 ガイドさんと別れて、残りの部分を見て歩き、広大な甕棺墓列には圧倒された。
02_21
02_22
02_23
02_24
02_25
02_26
02_27
02_28



長崎街道

2017年1月2日
  早起きをし、朝食前に昨日行けなかった長崎街道の西側へ行って見た。結構時間がかかり、帰りは途中からバスに乗る。
 佐賀のガイドブックには、佐賀市内の見どころはほとんど乗っていなく、また正月で観光案内所が閉まっていたため、ホテルで簡単なパンフレットしか手に入れられず、案内板を頼りに歩いたが、見どころがいっぱいあって、もう少しゆっくり街道沿いを歩いてみたい。

佐賀城下西側のスタート地点、高橋にある石橋
02_01

のこぎり型の家並み。道路がのこぎりの歯の様。
02_02

日新小学校の校庭にある反射炉
02_03

佐賀での正月

2017年1月1日
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 加部島の風の見える公園より、呼子の町と呼子大橋を望む。その後公園へ行く途中にあった田島神社で初詣。呼子は以上で、佐賀市へ向かう。
01_01
01_02
01_03

 佐賀に2時頃着いたので、佐賀城の近辺を散策する。元旦で空いているところは少なかったが、長崎城本丸歴史館は見る事が出来た。その後、長崎街道沿いの旧家を見て歩く。日が暮れたので食事と思ったが、飲食店はほとんどお休み。駅前の西友で、すし折を買ってホテルで食べる。意外と美味しかった。
01_04

佐賀城本丸御殿
01_05

佐賀伝統の「鼓の同の松飾」
01_06

街中に水路が
01_07

長崎街道沿いの旧家 
01_08

旧古賀銀行
01_09

用水の蓋や道路に画かれた参勤交代の絵。これに沿って行けば長崎街道を見て歩ける。
01_10

 

呼子での大晦日

2016年12月31日
 正月のんびりしたいと、佐賀へ旅行に出る。唐津市呼子町に宿をとり、イカ三昧。イカの形をした遊覧船で七つ釜を見物。宿に入って呼子大橋の夕暮れを見て、イカの生造りを食べた後、紅白歌合戦を久しぶりに見る。
31_01
31_02
31_03
31_04
31_05
31_06
31_07
31_08
31_09

久しぶりの富士

2016年11月29日
 羽田を飛び立ちしばらくすると、雪を抱いた富士山が見えて来た。最近あまりJALを使っていなかったので、こんなに間近に見る事が出来たのは久しぶり。バニラエアだと成田からすぐに海に出てしまうので、遠くにしか富士は見えない。
 五合目位まで雪に覆われ、このぐらいの富士が一番美しいと思う。
03
04
05
06

築地大橋

2016年11月29日
 朝、羽田に向かうため家を出て、地下鉄の駅に向かう途中に、工事中の築地大橋がある。ほぼ出来上がっていて、豊洲や晴海へ向かう幹線道路となるのだが、築地市場のど真ん中を通すので、築地が移転しないと道路が作られないのではと思う。
01
02


東京の夜景

2016年11月28日
 東京勝どきに住んでいる娘のところに泊まる。隅田川対岸の夜景が美しい。
21
22

平塚で見つけた秋

2016年11月28日  
 あちこち歩いてみる。いろんなところに秋の気配。
01
02
04
03
05
ギャラリー
  • シジュウカラが巣箱に入る
  • テントウムシダマシ
  • テントウムシダマシ
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス
  • ヒバリ、ネズミ、グラジョウラス