2017年1月20日
  擁壁はサトウキビ畑に水を撒くためのスプリンクラーの土台として使われていたものの廃物利用。これにより、コストがだいぶ抑えられる。土管を並べ、間をコンクリーで固めるため、型枠が取り付けられた。明日生コンを流し込み、月曜には枠が外れるだろう。
20_01
20_02
20_03