2013年1月1日  
 今は神奈川に住んでいるが、セカンドライフは南の島でと思い、妻の実家の奄美大島笠利に家を建てることにした。妻が相続した農地を、宅地に変えるため、去年の 6月に測量をしたのを皮切りに、準備を進めてきた。
 パソコンのフリーソフト「せっけい倶楽部」でいろいろ間取りを検討する。2人だけで住む家なので、平屋で、シンプルに。
 こだわったのは、できるだけドアをなくし引き戸にすること。壁と床をすべて板張りにすること。南北に風が通り抜けるように、戸と掃き出し窓を配置すること。海から帰って来てすぐに浴室に行ける様、脱衣所に外扉をつけること。そして、夏の日差しをさえぎるテラスにウッドデッキ。
madori_01
madori_02

 これを、知り合いの棟梁(ノブ住建の肥後 信一さん)に以前から頼んでおいたのが、調整が取れて着手することになった。細かいところは、棟梁任せ。17日の大安に地鎮祭を行うことに。
 今回は施主支給で、材料は施主が購入するという方法。ただし、実際は棟梁が必要な分を手配し、各業者からの請求書をこちらに回してもらい月末に支払う。
 水周り(システムキッチン・バス・トイレ・洗面台)は、現在タカラスタンダードのシステムキッチンを使っていて気に入っているので、鎌倉のタカラのショールームで見積もりを取り、これを奄美でタカラを扱っている、大島石油に依頼。思ったより値引きしてくれた。整地や下水道工事は、地元の大瀬 設備。
 いよいよ、スタート。