奄美らいふ -- 南の国から --

奄美でのセカンドライフ   南の島での暮らし

2015年08月

セカンドライフを南の島でと、奄美に小さな家を建てました。 
出来上がるまでの顛末と、その後の日常生活を、つづります。

ばんしろう(グァバ)

2015年8月26日
 庭の片隅に、ばんしろう(グァバ)の木があり、実が付き始めている。去年は台風で倒れそうになり、支柱を立て紐でひっぱていたが、今年は一回り大きくなり、かなり丈夫になった。我が家のはまだまだだが、義姉さんから熟したばんしろう をいただいた。
 ばんしろう は、甘さ控え目で、果肉が柔らかく、ぬめっとした食感で、好き嫌いがはっきりする果物。好きな人は、皮ごと食べる。皮の持つ渋みと実の甘さが、爽やかな味わいなのだそうだが、私はちょっと苦手。
 ばんしろう の葉を煎じて飲むと糖尿病にきくと言われていて、昔から飲まれてきた。お店で、ばんしろう茶として、乾燥した葉が売られている。ヤクルトが出している、食後の血糖値を下げる効果があるという「蕃爽麗茶」もばんしろう の葉が原料。気になる人は、ちょっと試してみては。
26_01
26_02
26_03

七夕飾り

2015年8月20日
 今日は、旧暦の7月7日。七夕飾りを立てる。
20_01
20_02

あやまる観光公園 海水プール

2015年8月10日
 あやまる岬の下の海岸に、あやまる観光公園があり、ファミリーで遊べる、遊具やグラウンドゴルフ場などがある。その中に、海水プールがあり、自然の地形に少し手を加え、干潮時はほとんど波が立たず子供達でも安全に泳げられるようになっている。中には魚も泳いでいる。満潮になると外海から波が入って来るが、リーフで弱まり、あまり大きな波は立たない。
04_10
09_00
04_12
04_14
06_01
06_02

あやまる祭り

2015年8月9日
 宇宿漁港で行われた「あやまる祭り」。「あやまる」とは、近くに「あやまる岬」があり、こんもりと丸い地形が綾織のマリに似ていることに由来する。
 夕方からのステージのオープニングに「道の島太鼓」のメンバーとして甥が登場するので見に行く。フィナーレは花火。
09_01
09_02
09_03

舟こぎの練習

2015年8月5日
 日曜日に「あやまる祭り」があり、舟こぎ競争がある。去年参加したチームで今年も参加するのだが、私は7月から始めたアルバイトがあるので参加できない。でも夕方の練習の時は全員がなかなかそろわないので、代わりに参加する。いつもとは違う筋肉を使うので、あちこち痛くなる。
一艘の船でいろんなチームが交代で練習に精を出した。
05_01
05_02
05_03

お十五夜のお月

2015年8月1日
 前日は満月だった。海から昇った月明かりの下を船が通る。
01_03


 八月踊り唄の歌詞に、次のような一節がある。加那とは、愛しい人という意味。

 お十五夜(じょごや)のお(つき) (かみ)(ぎょ)らさ()りゅり、加那(かな)(じょ)()てば (くも)(たぼ)

 夜(   よる)()らす(ふね) 暗礁(かくれず)(かたき)加那(かな)()ちゅる (ゆる)友達(どうし)













(かたき
)

奄美祭り 八月踊り

2015年8月1日
 奄美祭りが開かれていて、八月踊りが開催された。各集落毎に踊りの輪ができ、夜8時から10時の2時間踊り続ける。八月踊り唄は20種以上あり、それぞれ踊りも違う。さらに、集落により唄も踊りも違ってくる。
 昨年は、初めて参加し見よう見真似でちょっとだけ踊り、後は見物だったが、今年は最初から最後まで踊り続けた。まだまだ踊りについていくのがやっと。
 八月踊りは男性と女性が掛け合いで唄いながら踊るものなので、次は唄にも参加できるよう、唄の勉強中。01_01
01_02
ギャラリー
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • ドラゴンフルーツの花が咲く
  • 高倉と石垣
  • 高倉と石垣
  • 台風18号の余波