2014年8月27日
 今日は、大和村の宮古崎まで、義兄夫婦と釣りに行く。往復90kmの道のり。さらに道路から釣り場まで片道2kmを歩く。最後は崖道を下る。柵が新しくなっていたので、以前よりは安全。
 最初の一投で、30cmのベラを釣り上げる。ビギナーズラックか。これは刺身で美味しく頂いた。その次はチョウチョウウオが釣れたがこれは食べられないとのこと。多かったのは縞々のアヤビキ。えさを盗るのが上手で、浮きが立つ前に群がり手ごたえもなくえさがなくなってしまう。えさ付け1分。えさ盗られ1秒である。たまに食いついてくれるのがいて数ひき釣り上げた。そのうち、浮きは見ないで、えさに群がったらすばやく引き上げると、何回かに一回は釣り上げることができた。
 これでは大物は望めないと思っていたら、。終わり近く、アヤビキがいなくなり、強い引きが。あっと思うまもなく、糸が切れ浮きまで持っていかれてしまった。幻の大物であった。大物に対応する仕掛けが必要かもしれない。これから勉強だ。

 01
02
03
04
05
06