奄美らいふ -- 南の国から --

奄美でのセカンドライフ   南の島での暮らし

セカンドライフを南の島でと、奄美に小さな家を建てました。 
出来上がるまでの顛末と、その後の日常生活を、つづります。

ジャガイモの葉が出る

2014年11月24日
 ジャガイモの葉が顔を出した。なかなか出てこず、心配していたので一安心。にんにくの芽は一足先に出ていてだいぶ大きくなっている。これらの周りに、大根の様な小さな葉がたくさん出てきている。ミソ菜とか言われる葉で、以前作っていた種が土に残っていて一斉に出てきたらしい。ジャガイモの成長の邪魔になるので摘んだが、これも食べると美味しい。
24_01
24_02
24_03

大瀬海岸へ野鳥を見に

2014年11月20日
 引き潮の時に大瀬海岸へ野鳥を見に行く。いろんな鳥が浅瀬に集まってきている。鳥の名前はこれから勉強だ。潮が満ちてくると、鳥たちは林の方へ移動して、海岸には居なくなる。奄美空港から飛び立った飛行機も上空を通過する。
20_01
20_02
20_03
20_04
20_05
20_06
20_07
20_08

護岸での釣り

2014年11月19日
 護岸に釣りに行く。夕日が綺麗だった。ほとんど当たりは無く、家内が一匹釣っただけ。夕飯に刺身で頂いた。19_01

パパイヤが鳥に食べられる

2014年11月19日
 パパイヤが鳥に食べられてしまった。ヒヨドリとメジロが代わる代わるやってくる。小鳥たちを撮影するにはもってこい、このままにしておく。次のを狙われないようにしよう。
19_02
19_03
19_04

星空

2014年11月18日
 奄美は空気が澄んでいるので、星空が綺麗。しかし、奄美市は全国でも1,2を争う日照時間の少ない所。雲が多く発生するからか。久しぶりの星空を庭に出て撮影。
18_01
18_02

パパイアの木が倒れる

2014年11月15日
 庭に2本あったパパイヤの木のうちの1本が、根元から折れてしまった。実の重みに耐えられなかったのか、それとも根元が腐っていたのか、台風に耐えたのに残念。まだ青い実を、千切りにスライスし、ドレッシングをかけ食べる。なかなかいける。
14_01

朝日を見に

2014年12月14日
 最近歩くことが少なくなってきているので、散歩がてら宇宿海岸へ朝日を見に行く。日の出は6時40分頃、海岸に着いた時はとっくに時間は過ぎていたが、雲がかかっていたので、雲間から光芒が射していた。正面に見えるのは喜界島。潮が引いていたので、リーフの上を歩いて波打ち際まで歩く。
15_11
15_12
15_13

パパイヤが色付始める

2014年11月12日
 パパイヤが色づき始めた。ためしに黄色くなったのをひとつ食べて見たが、少し早かった。美味しく熟れて来ると鳥が食べてしまうので、見極めが大事。
12_01
12_02

ワキャも応援しゅっと!横浜DeNAベイスターズ

2014年11月11日
 11/6から11/19まで、横浜DeNAベイスターズが、秋季キャンプでやってきているので、名瀬運動公園へ見に行く。グラウンドやブルペンで、間近に監督や選手を見ることができ大満足。中畑監督は、あちこち動き回りながら、手本を見せたり、観客に声をかけたり、厳しくも和やかに指導していた。幼稚園児も応援に来て、ワキャも応援しゅっと!(私たちも応援してるよ!)
11_01
11_03
11_05
11_04
11_07
11_08
11_09
11_02

畑の開墾

2014年11月10日
 お義兄さんの畑の使っていない片隅を貸してもらえることになった。草が生い茂っていたが、草刈機が大活躍。草を薙いだ後、お義兄さんが耕運機で耕してくれた。私もちょっと触らせてもらったが、かなりテクニックが必要だ。お義兄さんに教わりながら、畝をつくり、ラッキョウとジャガイモを植える。ジャガイモはJAで種芋を買ってきて、芽の出方を見ながら半分に切り、切り口に灰ををつけて植える。私が畝を切り、肥料やりと植え付けは家内が担当。どれだけ収穫できるか楽しみだ。
10_01
10_02
10_03
10_04

ギャラリー
  • あけましておめでとうございます
  • 門松を立てる
  • 門松を立てる
  • サトウキビ畑と奄美空港
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる