奄美らいふ -- 南の国から --

奄美でのセカンドライフ   南の島での暮らし

セカンドライフを南の島でと、奄美に小さな家を建てました。 
出来上がるまでの顛末と、その後の日常生活を、つづります。

運動会

2017年10月1日
 宇宿小学校、全校生徒30名の運動会。校区の集落(5集落)対抗の運動会も同時に行われ、子供の種目と集落の種目が交互に競う。
 毎年恒例の、子供たちが演じる稲すり踊りは、歌・三味線・太鼓も子供たちが演奏し素晴らしい。
01
02
03

子牛が生まれる

2017年9月30日
 夕方、義姉の飼っている牛に子供が生まれた。真っ黒で親牛が盛んになめている。皆で起き上がる助けをしたり、ミルクを飲ませたり、いろいろ世話をする。一時間ほどで自分で立てるようになり、母牛のお乳にしゃぶりつくまでになった。
02
01
03
04
05

ドラゴンフルーツを切って見る

2017年9月30日
 ドラゴンフルーツを、今朝切って見る。中は赤で、結構甘かった。この間花が咲いた3個は順調に育っている。
02

ドラゴンフルーツの花が咲く

2017年9月23日
 昨年8月に枝を頂き、挿し木したドラゴンフルーツ。一個だけ赤い実が付いている。1か月前に花が咲いたのだが、月下美人と同じく一晩しか咲かないので、で気が付いたときは、しぼんだ後だった。
 今朝、開きそうな蕾があったので、夜見に行くと月下美人に似た大きな白い花が咲いていた。ドラゴンフルーツは、三角柱のサボテンの実で、果実の表面が龍の鱗に似ていることからこの名前になったと言われている。中が白と赤の品種があり、家のはどちらかわからないので、切って見てからのお楽しみ。
04

昨年8月。枝を十数本頂き挿し木する。
05
06

1年で2m程に成長した。今朝、左下の蕾が開きそうになっていた。
03

夜9時頃見に行くと、月下美人に似た大きな花が咲いていた。
01

長く飛び出しているのが雌しべで、その周りのが雄しべ。人工授粉をしないと、なかなか実にならないというので、雄しべの花粉を取って雌しべに付ける。結実するかちょっと心配。
02

高倉と石垣

2017年9月22日
 集落の古い家には高倉が残っている。サンゴ石でできた石垣も残っている。
01
02

台風18号の余波

2017年9月13日
  台風18号が沖縄石垣島のあたりを北上している。その余波で波が高い。いつもはリーフの中は静かなのだが、リーフを乗り越えて大波が押し寄せる。台風は東へ進路を変えそうでちょっと心配。
01
02
03
04
05

大瀬海岸の夕焼け

2017年9月7日
 今日も夕焼けが綺麗になりそうなので、大瀬の海岸に出かける。最終便が着陸する頃から赤く染まり始め、刻々と空の色が変化していく。
0001
02
03


 

夕焼け雲

2017年8月21日
 毎日の様に夏の雲が広がり、陽が沈むのとは反対の方向に夕陽が映り赤く染まる。
01

あやまる祭り

2017年8月13日
 奄美市笠利町のお祭り。昼間は舟こぎ競争やなんこ大会があり、夜はステージと花火。今回は昼間用事があったので、夕方から見に行く。甥の出る道の島太鼓と、途中は省いて終わりの、楠田莉子(ただいま売り出し中、島唄出身の若手歌手)のステージ、火舞、そして花火を見る。
01
02
03
04
05
06

少しまともに写った花火
07

ちょっといたずらして写した、形を変えた花火。
09
10
16
20

家に帰ると、窓の上にイソヒヨの幼鳥が休んでいた。最近2羽ほど夜になると泊まっている。巨は驚かしてしまったのか1羽だけ。
00

流星を見に行く

2017年8月12日
 ペルセウス流星群を見にあやまる岬に行く。岬の展望台に陣取り、星空を眺める。天の川が綺麗だった。流星はそこそこ見られた。その内、赤い月が昇りはじめ、だんだん明るく星空が見にくくなってきたので、流星観察は終了。
11
12

写真に撮ると日の出みたいだけど、肉眼ではもっと暗い。
13

ギャラリー
  • 運動会
  • 運動会
  • 運動会
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • ドラゴンフルーツを切って見る