奄美らいふ -- 南の国から --

奄美でのセカンドライフ   南の島での暮らし

セカンドライフを南の島でと、奄美に小さな家を建てました。 
出来上がるまでの顛末と、その後の日常生活を、つづります。

サトウキビ畑と奄美空港

2017年12月10日
 サトウキビの穂が出始めた。バックは奄美空港、鹿児島行のジェットが飛び立つ。
01

子牛が生まれる

2017年12月8日
 義姉の牛が産気付いたので手伝いに行く。予定日をだいぶ過ぎ、大きくなっているのか、なかなか出てこない。獣医さんを呼び、足にロープをかけて引っ張り出す。出産後すぐに親牛が子牛をなめている。
 9月から3匹目の誕生、もう一匹出産予定なので、無事に生まれることを願う。
01
02
03
04
05
06

ミニ耕運機がやって来た

2017年12月7日
 妻の友人からミニ耕運機を譲って頂き、朝届いたので早速使ってみた。手で耕すのとは格段の嵳。これからの畑作りが楽しみだ。
01

黄昏どき

2017年11月29日
 ここ2,3日は初夏のような温かさ。小夏日和と言うのだそうだ。夕日が沈むころ、綺麗な雲が空一面に広がった。手前にすすきの穂の様に見えるのは、サトウキビの穂。
06

椎茸がで出来始めた

2017年11月29日
 去年の春にほだ木を手に入れ、椎茸を作り始めた。去年の今頃 5,6個採れたが、その後音さたなしでほおって置いた。1ヶ月ほど前に、場所を変えて立てかけて置いたら、形のいい椎茸ができていた。早速、ソテーして食べたが美味しかった。
04
05

バナナが熟し始める

2017年11月27日
 バナナが黄色くなってきた。触るとすぐにもげてしまう。食べてみると甘くて美味しい。これだけ立派なバナナが出来たのは初めて。黄色くなった分は早速もぎ取って、まだ青い部分を倉庫に吊るす。
01
02

DeNA BAYSTARS 奄美キャンプ

2017年11月10日
 今年も DeNA BAYSTARS の秋季キャンプが11月3日から始まった。19日まで行われる。今年は、日本シリーズに出た関係で、監督やシリーズに出た選手は、8日に奄美入りした。若手中心で、スローガン「凡事徹底~TRAINING TO PERFECTION~」を掲げ、いろんなメニューをこなしていた。
01
02
03
IMG_2690_04
IMG_2690_05
IMG_2690_06
IMG_2690_07

台風の過ぎ去った後

2017年10月29日
 一週間前に21号が来たばかりなのに、台風22号が暴風を伴って通り過ぎた。前回は太平洋側だったが、今回は東シナ海側を通ったため、風向きが反対だった。そのため前回なんともなかったところが、今回は強い風を受け、庭のパパイアは葉がほとんど落ち、バナナの木は傾いたがかろうじて持ちこたえた。ガジュマルやアカギの木の枝もかなり折れた。
 菜園の風よけも前回平気だったところが今回はバラバラに。前回ひどかったところは、今回杭を打ちなおしたのと風向きが変わったこともあり、倒れなかったがネットが一枚外れて、ねぎをなぎ倒してしまった。でも、ブロッコリは何ともなかったので良しとしよう。
 昨日の夕方からの停電はお昼にやっと復旧した。
01
02
03

牛の爪切り

2017年10月26日
 義姉の子牛を、近々競りにかけるので、身だしなみを整える。専門の人が来て爪を切るが、意外とおとなしかった。そのあと体を洗い綺麗にしてあげる。
01
02
03

モダマを見に行く

2017年10月10日
 奄美市住用に自生しているモダマを見に行く。ジャックと豆の木のような巨大な豆の木で、大きなさやがたくさんぶら下がっている。緑色のさやは、まだ豆が大きくなっていないが、茶色になったさやには直径5cm位の固くて平べったい豆が入っている様だ。
 山の方を見上げると、中腹のあちこちにさやが見える。一時、ほとんど見られなくなっていて、絶滅したのかと心配していたが、復活してきたことは嬉しい限り。
01
02
03
04
06
05
ギャラリー
  • サトウキビ畑と奄美空港
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • 子牛が生まれる
  • ミニ耕運機がやって来た
  • 黄昏どき